初期の東京の地下鉄はターミナル駅から銀座へ向かう
初期の東京の地下鉄はターミナル駅から銀座へ向かう

Ⅰ:戦後、東京の市内交通における政府の統制が解除されると考えた各私鉄は続々と山手線の内側への免許申請を行う。更に、東京都(1943~)は当初の目的である都市内交通の一元化のため都営一元化論さえ唱え始め再び混乱に陥る。

 

Ⅱ:その上、東京都市圏の人口を急増し都市内交通はおろか、近郊地区の輸送難が危惧されていた。このため大東京地下鉄は1955年ごろまでに既存の規格の地下鉄線の他、地下鉄線と近郊線を一体運行する新たな輸送サービスの基本計画を取りまとめた。しかし、私鉄ターミナルに集客をさせたいと考える私鉄とターミナルを介さず都心へ直通させターミナル駅の混雑を分散させたい大東京、および行政との軋轢によって答申として出来上がったのは1962年の頃である。当時の答申は戦後計画された浅草・日比谷・銀座・丸の内・東西(及び東西分岐)の5路線から東西分岐線を南北方向に伸びる独立路線とし、更に規格の小さく輸送力の逼迫した路線のバイパス路線を計画したものである。(ただし有楽町線除く)

 

Ⅲ:その後計画に則り、後発の地下鉄路線は20mの大型車を基本とし、乗り入れ先の私鉄線ないし国鉄線の緩行線を走行するスタイルを取る一体運行を目指した。これは私鉄国鉄本線系統に中遠距離輸送の役割を持たせ、遠近分離を目指すものである。当時発生していた所謂「ダンゴ運転」「並行ダイヤ」による痛勤時間の短縮、混雑による遅延・車内トラブルによる損失などの減少等、効率的で快適な都市圏交通システムとしてこの基本計画は期待されていた。同時に運営側にも、車両の回転率向上による効率的な運営が見込まれた。また、一元化論争については都の発言権拡大等で収束し、都営住宅と大東京地下鉄及び近郊路線とを一体整備する等その後協調体制を取るに至った。